アクティブ時間の変更

パソコンを操作しない状態で長時間付けっぱなしにしておくと、Windows Updateによりパソコンが勝手に再起動(※)してしまう場合があります。更新内容が少ない場合にはすぐに再起動が完了しますが、多い場合には再起動に長時間(1時間以上)を要する場合があり、使用に支障をきたす場合があります。

(※)パソコンを操作中に勝手に再起動が行われることはありません。

  

「アクティブ時間の変更」を行うと、使用時間帯(勝手に再起動してほしくない時間帯)を設定することが出来ます。以下に方法を説明します。

 

スタートボタンをクリックして表示されるメニューから、「設定」(ギアの形のアイコン)をクリックします。

 

「Windowsの設定」が表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

下図のように表示されるので、「アクティブ時間の変更」をクリックします。

 

初期設定では下図のように「08:00」~「17:00」と設定されています。

 

時間部分をクリックしてパソコンの開始時刻もしくは終了時刻を変更後、「✓」(チェックマーク)をクリックします。

 

「保存」ボタンをクリックして設定を保存します。

 

先程の表示に戻るので、「✕」をクリックしてウィンドウを閉じます。

以上で、アクティブ時間の変更は完了です。