Internet Explorer 11の使用

Windows 10における標準のブラウザーは従来のInternet Explorerから「Microsoft Edge」という新しいブラウザーになり、プログラムの中身も大きく変更されました。そのため、「Microsoft Edge」の動作確認が完了していない金融機関や官公庁のオンラインシステムおよび社内システム等においては、何らかの問題が発生する可能性があり、安心して使用することはできません。

 

幸いWindows 10は従来のInternet Explorer 11も同時に搭載しており、それを使用して上記のシステムを使用することができます。以下では通常アクセスしにくい場所に置かれているInternet Explorer 11を前面に表示させ使いやすくする方法、および既定のブラウザー(リンクをクリックすると起動するブラウザー)にする方法を説明します。

 

■Internet Explorer 11の表示

はじめにデスクトップにある検索窓に「ie」と入力します。


下図のように検索結果として「Internet Explorer」が表示されます。


表示された「Internet Explorer」を右クリックして表示されるメニューから、「スタート画面にピン留めする」もしくは「タスクバーにピン留め」を選択してクリックします。


「スタート画面にピン留めする」を選択した場合、下図のようにスタートボタンをクリックするとアプリ一覧に「Internet Explorer」が表示され、次回からはこれをクリックすると「Internet Explorer」が起動します。


「タスクバーにピン留め」を選択した場合、下図のようにデスクトップのタスクバー上に「Internet Explorer」が表示され、次回からはこれをクリックすると「Internet Explorer」が起動します。

 

以上でInternet Explorer 11の表示は終了です。

新しいブラウザーである「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」のアイコンは似ているので間違わないようにして下さい。

 


■Internet Explorer 11を既定のブラウザーに設定する

「スタート」→「設定」をクリックします。 


「設定」ウィンドウが表示されるので、「デバイス」をクリックします。


下図のように表示されるので、左欄にある「自動再生」をクリックします。


下図のように表示されるので、右欄にある「既定のアプリの設定」をクリックします。


下図のように表示されるので、右欄の「Web ブラウザー」項目にある「Microsoft Edge」をクリックして表示されるメニューから「Internet Explorer」をクリックします。


「Web ブラウザー」項目の内容が「Internet Explorer」になっていることを確認後、右上にある「✕」をクリックして設定ウィンドウを閉じます。


以上でInternet Explorer 11を既定のブラウザーに設定する方法は完了です。