アップグレード手順2


2015/07/29にWindows 10が発表されました。以後、Windows 10へのアップグレード予約を行っている方は順次アップグレードが可能になります。ここでは同日付で公開されたWindows 10のインストールメディア作成ツールを使用したアップグレード手順に関して説明します。

 

※)インストールメディアの作成方法に関しては、「インストールメディアの作成」を参照して下さい。


尚、下記においてアップグレードにかかった時間はCPU:Core i 5、メモリ:4GBの仮想環境でおよそ1時間でした。

 

はじめに作成したWindows 10インストールメディアをパソコンに挿入し、 中にある「setup.exe」を実行します。実行すると下図のように表示されるので、「更新プログラムをダウンロードしてインストールする」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。


ライセンス条項が表示されるので、「同意する」をクリックします。


更新プログラムのダウンロードが開始されます。


更新プログラムのダウンロードが完了すると、下図のように表示されます。個人データやアプリケーション等、現在の環境をそのままにWindows 10にアップグレードする場合には、そのまま「インストール」をクリックします。


現在の環境を削除して新規にWindows 10をインストールする場合やアプリケーションのみ削除したい場合には、上図で「引き継ぐものを変更」をクリックして表示される項目から引き継ぐ項目にチェックを入れて「次へ」をクリックします。


Windows 10のインストールが始まります。


しばらくすると下図の画面になるので、時間がかかりますが(1時間程度)電源を切らずにそのまま待ちます。

 

作業が完了すると下図のように表示されるので、「次へ」をクリックします。

※)上記でデータを引き継いだ場合には以前使用していたものと同じユーザー名が表示されます。


下図のように表示されるので、「簡単設定を使う」をクリックします。


下図のように表示されるので、「次へ」をクリックします。


Windows 10のデスクトップが表示されます。

 

以上でWindows 10へのアップグレードは完了です。


尚、アップグレードから1ヶ月以内なら元のバージョン(Windows7または8.1)に戻すオプションが用意されています。方法は以下のとおりです。


「スタート」→「設定」をクリックします。


「設定」ウィンドウが表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリックします。


以前使用していたWindowsのバージョンに応じて、「Windows ○○に戻す」にある「開始する」をクリックします。


■Windows 7の場合


■Windows 8.1の場合


注意)

Windows 10が現在使用中の環境と互換性があるかどうかはデスクトップのタスクバーに表示されている「Windows 10を入手する」アプリ(下図参照)により調査が行われます。ここでのインストールメディアを使用したアップグレードでは互換性の調査は行われないため、既存の周辺機器やアプリケーションが使用できなくなる、アップグレードに失敗してパソコン自体が起動しなくなる、といったリスクが伴います。


詳しい知識のない方は、「Windows 10を入手する」アプリによるアップグレードの通知が行われてからアップグレードを行うようにしてください。


「Windows 10を入手する」アプリ


互換性に問題がある場合の表示例